味噌の健康と美

味噌汁=元気に美しく生きる

味噌汁は栄養満点・日本の伝統ある健康美容食です。そんなお味噌汁を毎日飲んで、元気に美しくになろう!という思いから「美噌元」という名前になりました。
麹菌は「酵素の宝庫」といわれるように麹菌酵素のなかには、現在知られている酵素のほとんどの種類が含まれていると推測されています。日本を代表する「国菌」にも認定されていますね。麹と穀物そして発酵。まさに「善玉菌養成所」な味噌です。

とっても伝統的な健康食、味噌汁

「味噌汁は医者殺し」「味噌汁は朝の毒消し」といわれるように、味噌汁は古くから日本人の健康を支えてきました。
日本人が味噌汁を飲むようになったのは、今から800年ほど昔の鎌倉時代。庶民の生活にも普及し始めたのが江戸時代からと、長く長く私たちの食生活に寄り添っています。
昔から味噌汁は「実の3種は身の薬」といわれ、具を3種類いれた味噌汁は自然と栄養バランスが整い、健康維持に役立つとされてきました。
現代は食の欧米メニュー化、食卓に登場する機会がやや少なくなってきています。しかし現代人の健康課題には、味噌汁はたいへん有効な健康食。 最近では、世界的な健康ブームから、「ミソスープ」は世界でも注目を集めつつあります。

過食気味・・・そんな時こそ、味噌汁を

現代人は過食傾向にあるため、食べ物の消火活動にエネルギーを消耗しすぎ、代謝や解毒機能が低下しがち、、、
食べ過ぎはさまざまな健康トラブルの原因とも言われています。
内臓が疲れているときは、食べることを休むのも必要!
とはいえまったく食べないということも不健康、、、そんな時こそ味噌汁の出番。
発酵食品である味噌と麹、多種な雑穀で栄養が取れるお味噌汁は、バランスを整える最適の食べ物です。くらしを整えるには、菌と食物繊維が重要と私たちは考えます。
栄養たっぷりで身体を温める効果もあるので、疲れた内臓をいたわりつつ、栄養を摂ることができます。
適度な運動とお味噌汁、体が嬉しいと心も嬉しいのです。

味噌界の大事な裏方・麹!

「善玉菌」を多く含有する「米麹」「豆麹」「麦麹」などは、発酵の素となる大事な裏方さん。それぞれ味わいに特徴があり、味噌の深い味わいや個性を醸します。味噌では主に米麹が使われますが、用途や好みでブレンドしたり、地域や蔵の違いを見つけたりしても楽しいもの。麹の力で美味しいお味噌へ、感謝です。

①米麹…蒸したお米にこうじ菌を種付けし、繁殖・発酵させたもの。「酵素の宝庫」で、その大活躍ぶりは、味噌・醤油・酒・・・と日本の発酵食に欠かせないものです。

②豆麹…豆麹は、柔らかくした大豆に種麹を付けて、発酵させたもの。東海地方の八丁味噌は豆麹から作られる個性派です。

③麦麹…麦味噌は九州や瀬戸内で主に造られます。麹の割合を多く造られることが多いため、麦の持つ甘さで味は甘みが強く、香りに他の味噌に比べ香ばしさが特徴。

その他・紅麹。主に米を発酵させる中国で重宝されるもの。千五百年前から活用されていたと言われ、紹興酒や豆腐ようなどに使われます。

PAGE TOP